fc2ブログ
>
2024年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2011.03.20 (Sun)

お世話になりました

皆様に、長い間ご心配をおかけしましたが
母親は、18日11時に永眠致しました。
同居生活25年、介護は1年4ヶ月の生活に終止符を打ちました。


16日に施設から連絡があって、飛んでいったとき、もう病院に移動しており
意識はありませんでした。
ただ深く、小刻みに呼吸だけしているようでした。
病院としては入院手続きが必要らしく、また施設での荷物も受け取りました。
病院の先生から話を受けました。
「いつ亡くなってもおかしくないです。僕は1つの悪い箇所があれば5歳
 年齢を足すんですよ、お母さんは2つあったから10歳足すと90歳
 平均年齢以上生きたんだから、十分じゃないですか。
 人口呼吸器とかは、苦しめるだけだし・・・どうですか?」
僕は
「はい、それで結構です。お願いします」

先生は更にレントゲンを見ながら
「普通の人の心臓が、こんなになったら直ぐに亡くなってますよ
 多分、随分以前から悪く、徐々に悪くなっていったんでしょう
 だから、心臓がこんなになっても持ってるんだと思います。」
再び宜しくお願いします、とお願いしました。

手続きをした後、看護婦さんから、もしもの時の対応を求められました。
どこへ、どう連絡したらいいのか分かりません。
そこで、今回大変お世話になってる徳島県NPO法人の方に連絡し
手順を教えてもらい、連絡して頂きました。

本来なら、このままずっと傍にいてやればいいんですが
手続きの関係で、神戸の役所にも行かなければならず
荷物を受け取って、様子を見て一旦神戸に帰りました。


ちょっと疲れたのかな?
翌日晩から頭が痛くなって、18日には朝から風邪だと思い病院へ行きました。
2時間待っても順番が来なく、待合室で急に携帯が鳴りました。

病院からでした。
「お亡くなりになりました」

熱があるなか、診察してもらえず行かなければです。
慌てました。
レンタカーを手配したんですが、もし熱で途中フラっとなって事故が心配
今回凄くお世話になっているNPO法人の方から
高速バスでもいいんですよ、と教えてもらいそれに変更しました。
38.5度の熱があったので、それが良かったです。

2人の子供にも連絡して、奥さんや孫を連れて来ず、子供だけ車で来て貰いました。
全部で4人です。

直葬ということで、母親には我慢して貰いました。
病院、施設、役所と手続きして再会したときの母親の顔は
病院のときより、穏やかな顔でした。
これで良かったんだと自分にいい聞かせました。

ほんとに少ないお見送りでしたが、これでいいんだとも・・・


介護状態になったときから、僕のことを
「お父さん、お父さん」と呼び、時には「お父ちゃん」と呼んでました。
本当の父親と僕が重なったのかな
ヘルパーさんやデイサービスの人まで
「息子さんが大好きやもんね」って言ってました。
母親はニコっとしてました。
正直、内心イヤでしたが・・・・

今日は、その僕とその家族、みんなが居るんだからいいよね


みんなと一緒に、遺骨となって神戸の家に帰ってきました。


皆様、大変お世話になりました。
徳島NPO法人の方には、本当に最初からお世話になりました。 
有難うございました。




今日は、このくらいです。
これからブログは、普通に戻していきます。
もう一回だけ、思い出を書こうと思ってます。
暗くなるけど、許して~~~

皆さん、これからも宜しくね!

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

18:52  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)  |  編集  |  Top↑

*Comment

心よりお悔やみを申し上げます。

私に多くを語る資格は無いのですが・・
25年間の同居生活、御母上の幸せを感じてしまいます。
私は父まかせですから・・

メタボさんの優しさを尊敬します。

御母上の長き歩みに手を合わせると共に、
メタボさんの思い出話を是非にもお聞かせ下さい。

いその爺 |  2011.03.20(日) 21:10 |  URL |  【コメント編集】

心よりお悔やみ申し上げます

「お母様は病気が2つあったから10歳足すと90歳」・・・
良い先生と一緒にお見送りができて良かったですね

亡き人の思い出話をすることは、
亡くなった方のいい供養になるそうですよ

暗い話でも、お元気な頃の話でも、なんでも
たくさんお話してくださいね




Lily姫 |  2011.03.20(日) 22:18 |  URL |  【コメント編集】

■ご夫婦様。

本当に、お疲れさまでした。
そして、お母上様のご冥福を心よりお祈りいたします。
NANTEI |  2011.03.20(日) 23:48 |  URL |  【コメント編集】

■お悔やみ申し上げます。

順番を全うされ、生を終えられた母上は
きっとご家族に感謝されてるような気がします。

ヘルブラウ |  2011.03.21(月) 00:06 |  URL |  【コメント編集】

お悔やみ申し上げます

4人でのお見送り・・・
私は父を母と二人で見送りました
兄は間に合わず、私の子はまだ小さかったので自宅待機させました

呼吸器のあの音は今も忘れません
お疲れさまでした

koh |  2011.03.21(月) 02:49 |  URL |  【コメント編集】

心よりお悔やみを申し上げます。
お母上様のご冥福を心よりお祈りいたします。

メタボ夫婦さん自身もお体気をつけてくださいね。
ゴルッテリア |  2011.03.21(月) 08:59 |  URL |  【コメント編集】

急激でしたね
ある程度は覚悟はされていたかと
思いますが・・・御愁傷様でした

これからしばらくは慌ただしい
日々が続くと思います
今はまだ気を張っておられるでしょうが
なにとぞお身体ご自愛してください
馬場エマ |  2011.03.21(月) 11:08 |  URL |  【コメント編集】

お帰りなさいませ。
そして御悔み申し上げます。

これまでのメタボさんの御苦労が少しばかりではあるけれど
分かっているんで辛さもオイラの心に伝わってきます。
おばあちゃんの顔が安らかであったのなら、
それがおばあちゃんの答えだったかもしれません。

本当に介護お疲れさまでした。

仕事も有るのでゆっくりとはいかないかもですが
奥さんとお出かけするのも良いかもしれませんよ。
ニーゲム大戸木 |  2011.03.21(月) 11:43 |  URL |  【コメント編集】

おばあちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

きっといい人生だったと喜んでおられると思います。
徳島での想い出はこれからも重ねてくださいませ・・・
ちゅんご |  2011.03.21(月) 19:00 |  URL |  【コメント編集】

お母上様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

逝去されるときの表情が穏やかで良かった。それが全てを物語っているような気がします。

まだまだ慌ただしいと思いますが,どうかご自愛ください。

みぃみぃさん |  2011.03.21(月) 22:07 |  URL |  【コメント編集】

心よりお悔やみを申し上げます。
お母上様のご冥福を心よりお祈り申しあげます。
そしていままでの介護、本当にお疲れさまでした!!

思い出話、ゆっくり聞かせて下さい。
そしてメタボ夫婦さんも、お体に気を付けて下さいね!!
マムチ |  2011.03.21(月) 23:22 |  URL |  【コメント編集】

■お悔やみ申し上げます

心よりご母堂の御冥福をお祈り申し上げます
EGUTI YOUSUKE |  2011.03.22(火) 09:47 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.03.24(木) 16:21 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ajimeguri780.blog.fc2.com/tb.php/785-b8d76eb7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |