fc2ブログ
>
2016年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.10.02 (Sun)

日本酒の日 福寿で一杯!

昨日10月1日は日本酒の日
いつからなんでしょ、知らなかったのですが白鶴酒造のパンフレットが入ったので行ったのです。

ま、最初の写真は我が家の日本酒の日の様子
IMG_2459a.jpg

JR住吉駅から歩いて20分位でしょうか、着いたと思ったら菊正宗でした。
ありゃ、間違い(でも酒蔵なのにあまり催し物の雰囲気が無かったです。)
ここから歩いて10分ちょっとで白鶴酒造資料館に到着
灘の酒蔵で一番大きな資料館で、その庭で行われてたのですがイメージが違う
タコ焼き、焼きそば、ソーセージにカレー、え~~~奥の方に日本酒の有料試飲
何考えてるんやろ?

ここからはちょいと煩いオッサンの思いを
この催しは日本酒をもっと広めたい、そして売れ上げを伸ばしたいという事から始まってると思うのです。
ターゲットにしてるのは男?女?それにどの年代の方なんでしょうか、お酒の飲めない子供さんなの?
今の日本経済は下降気味、でも昔とは違います。
お客はただ安い物だけを求めているのじゃなく、良いものには高くてもお金を出す、そんな時代
海外では評価が上がって輸出が増えている日本酒だけど、日本じゃビールやワインに押され気味
それに女性に広がりが少ないですよね
今の日本を考えた時、女性に受け入れられない商品は伸びる余地はないと思うのですよ

だからするべきことはお洒落な食事を演出するためのイメージアップが一番大事
酔っ払いのオッサンが演歌を歌いながら飲む酒からのイメージを払拭しなきゃ
酒造メーカーが互いに協力しあい、日本酒の統一したキャッチコピーでも作り
それに沿った催し物を作っていくのがいいと思うのですが、どうでしょう?

そんなことを考えながら、また歩いて福寿の酒蔵へ
蔵元ショップ東明蔵のカウンターバーに行くと、一つだけ席が空いていたのでそこに入って飲み比べを注文
IMG_1279a.jpg
左の大吟醸から飲み始めると甘みというか旨味が随分違います。
この大吟醸はワインが飲める人なら大丈夫、後は純米、純米生酒とスッキリ感が増していきますね
そしておつまみも
IMG_1280a.jpg
これで500円、安いでしょ
おつまみが鶏ムネ肉の燻製、かずのこ、天ぷら・・わかんない(笑)
でも日本酒に合うよね、本当ならもっと斬新なのが良いのだけど、それはまた別の機会に
当然お酒が足りない
そこで追加注文をしようとメニューを見ると、大吟醸だけでも6種類あって、さっき飲んだのは一番安いの
高いのは雫酒大吟醸といってほんの少しで1500円
ここはビビッて大吟醸生酒を注文
IMG_1281a.jpg
いいね、いいね、香りが広がる感じをお楽しみ下さいだって
美味しい、今度はおつまみが足らんって、でもここはこれしかないしね

まだ昼だよ
良い気分になってきたから、もう帰ろうか
奥さんにお酒をお土産に買ってまた歩いて駅まで

ここでやはりオッサンになるんですね
吉幾三の「酒よ」が頭に浮かんで、国道43号線を沿って歌いながら歩きます
♪涙には いくつもの 思い出が ある
  心にも いくつもの 傷がある
  
  一人酒、手酌酒、演歌を聞きながら~
   ホロリ酒 そんな夜も
    わかるよなぁ 酒よ~~
口演奏付き(笑)
これがイメージを払拭できんところやわ                                                                                                                                   そして家に帰って奥さんに話しながら飲んだ様子が最初の写真
日本酒のイメージアップになりましたやろか


最後に今日は奥さんがリベンジ、最高級の大吟醸「雫酒」
IMG_1299a.jpg



                           
よかったらポチっと応援してね!

テーマ : 行ってきました! ジャンル : 日記

20:41  |  :┗神戸・お店  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |