fc2ブログ
>
2016年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2016.03.06 (Sun)

長男の人生を変えた母親の一言

今朝の日曜日、ゆっくり奥さんとテレビを見ながら朝食を食べてると
奨学金の返済で困ってるというニュースをしてて「勉強できるチャンスを!」と訴えてました。

そんな時、長男の話になり僕が思い出話をすると
奥さん涙を流しながら・・・え~~~とビックリ!
その話はブログに書いてみてという事で、長くなるので料理話を変えて今日のテーマにしました。
IMG_0351_convert_20160306092547.jpg
写真は今日の話題と関係ありません
昨日、あまりにも面白くて可愛い猫を見たので1枚頂きました。


我が家の長男は、小さい頃から大人しくて泥んこ遊びもしない子でした。
目立ったことも無くて中学に入学
部活に入らないといけないのですが、本人は特に何がしたいという事も無し

親としてはお金が掛からないクラブがいいと思い陸上部を勧め入りました(当時からケチでした・笑)
陸上と言っても走り方が素人目に見ても変だし遅いし、先生は中学ではマイナーなハードルを勧めたのです。
ところが真面目な子だったので、3年生では試合でも成績を残すようになりました。

そして高校入学だったのですが、大学のことを考えたとき国公立以外では我が家は金銭的にダメ
という事でトップの高校ではなく2番手の高校を先生に勧められたので
父親の僕は長男に「もう勉強しなくていい、適当に遊んで就職しな」といって工業高校を勧めて入学し
陸上部のキャプテンとして高校生活を送ってました。

そして3年生の秋頃、急に大学へ行くと言い出したのです。
急に行ける訳がないと怒って、どうしてなんだと聞くと、陸上部の先生が行けばと言ってるというのです。
我が家には私立へ行けるそんなお金は無い、と物別れ状態

それでも秋から急に長男は入試対策の勉強を始めたのですが、希望校にはやはり合格できず
保険で大学二部(夜間)を受けてました。(僕も働きながらその大学でした)
結果的にその大学へ行くことになったのですが、親の僕は学費を出さないと言ってるので
働いて学費を稼がないといけません。

その時、奥さんの友達から近所のホテルのウエイターを紹介して貰って、そこで働き学校へ通いました。
朝7時頃家を出て、夕方まで働いて大阪の学校まで通い授業を受けて、それから陸上部の練習
帰ってくるのは夜12時近くの毎日でした。

3年生になった時だと思うのですが、晩寝てると急に大声で喚くのです。
夢を見ているのような、皆がビックリして起きて見に来るのですが、本人は起きると知らん顔
そんな日が続いたので、僕は奥さんに一度病院で診て貰うように言ったのです。

診察結果は、自律神経失調症という事でした。
本人はもうバイト辞めたいと言った時です。
元々社交的ではないし、○力団も来るそうで凄く嫌だったようなのです。
僕は仕方無いな、学費は少しの間出してやろうと内心思ったのです。
(なぜなら、夜学で働きながらの勉強は大変なのは自分もよく分かってますから)

そこで奥さんが一言
「今までよう頑張ったな、学校も辞めるんやな
 言っとくけど学校へ行かんのやったら、部屋代まで
  取ろうとは言わんけど食費は入れよ」


これを隣で聞いてた僕はビックリ、息子も黙ってました。
ここまで頑張ってきたのに、ちょっとコケたから諦めろって!
強烈でしょ
我が夫婦、自分達の遊ぶお金はあっても子供にお金は出さん鬼夫婦って言われてましたから(笑)

これが息子を変えた一言になったと思うのです。
この話を今日してると
「私、そんな酷い事言うた?」と涙を流しながらいうのです。
こっちの方がビックリ
「え~~~~、覚えてないの?余りの強烈さで僕もビックリして忘れられん言葉やのに」
奥さん全く覚えてないわ、と
これが朝の涙の訳だったんです。

その後の長男は、直ぐに次の遠い所へ一人で出来る掃除のバイトを探して行くようになりました。
朝は更に早くなって朝6時には家を出ないと間に合わない生活なのですが続けました。
結果的にバイトを休んだのは1ヶ月だけ
陸上部も辞めずに頑張って夜練習して、大学の基準タイムをクリアーして遠征もするようになり
そこで彼女が出来て、将来のお嫁さんとなったのです。

月10万稼いで、学費、交通費、文具や教科書代、そして残り僅かで小遣い、あ国民年金が追加されました。
それでも家でご飯が食べれるのを有り難いと思いよって奥さん言ってましたね

そんな長男も卒業して就職するときには、ITバブルが弾けて就職難の時でした。
それでも面接の時に学生生活を話すると一発合格で、就職活動らしきものはなかったです。
そして卒業してからもずっと勉強してるようでした。

そして順調に結婚してマンションも買っての生活
ところが直ぐに、不景気になったときに会社辞めると言い出しこれまたビックリ
「理由は給料下げたから」だって、それでもこんな不景気なのに大丈夫か
と言ったら翌月には外資系の会社に再就職して、いきなり前よりも良い給料を貰ったようです。
今は2人の子供もいて、新しいエネルギーゼロ住宅も買ってそれなりに暮らしています。

彼があそこで崩れなかったのは、あの一言があったからと思います。
いや、それだけじゃなく、もう一つあるのです。
それは鬼夫婦と言われながらも、夫婦仲良く飲みにいって家でもそれなりに仲が良かったこと
息子達には、それが不思議だったようです。
(自分の友達には夫婦仲が良くない親の話を聞かされてたようですから)

息子達には、外で色々あっても安心して帰ってくる家があったからなんでしょうね
でも子供部屋はありましたがドアは外してて、子供のプライバシーは認めてませんでしたよ^^;



よかったらポチっと応援してね!



テーマ : 今日のつぶやき。 ジャンル : 日記

09:30  |  ご挨拶&つぶやき  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |