fc2ブログ
>
2015年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.12.12 (Sat)

柔らかい!赤カブの天ぷらと彩サラダ

今晩の忘年会に行く前に、ブログアップして安心して行くことにしました。

昨日の晩御飯です。
赤カブを見つけたので買って、簡単に天ぷらにしてみました。
蕪の天ぷらって初めてだったんです。
蕪は大根と違って、そのままでも食べれるから美味しいですね
別々に盛るのが面倒だったから、サラダを作ったのでそこに盛付け(横着者・笑)
IMG_0396_convert_20151212150111.jpg
今回はレンコンも一緒に
レンコンのコリッと感と蕪のサクッと感がいいですね
あ~それにしてもまた横着がでた、コロッケ揚げた後やったので余分なのが付いてもた^^;
天つゆは・・・・あ~~~塩でいこ、塩で(笑)
塩でも十分に美味しい
皆さんは横着せずに、綺麗で美味しいのをどうぞ!

一緒に赤カブのサラダも
IMG_0398_convert_20151212150212.jpg
すし酢を掛けてます。
すし酢をこうンな風に使えるなんて、知らなかった。

今日のメニューはこんなのです。
1.赤カブの天ぷらと彩サラダ
2.刺身盛り合わせ(買ってきて置いただけ)
3.白菜の漬物
4.赤カブのサラダ
IMG_0401_convert_20151212150311.jpg

今回お世話になったのは、最近ブロ友の仲間に入れて頂いた桃咲マルクさん
当然料理上手で、いろいろと受賞されてる方です。
レシピブログ主催のサントリービール工場へ行かれた方で、そこではお会いできなかったのですが
同じ記事を書いてた事から、仲良くさせて貰ってます。
僕は桃咲マルクさんの事は分からないのですが、桃咲マルクさんは僕がかな姐さんやたっきーママさんと
一緒に記念写真を撮ってる時に傍にいた方らしいのです。
男一人でしたから目立ったのでしょうね
だから僕のジジイスタイルはよくご存じの方なんですよ(笑)

今回の美味しい赤カブの天ぷらの記事はこちらです⇒サクサク*とってもジューシーな赤カブの天ぷら
桃咲マルクさん、ごちそうさまでした♪


=====================================================

ここからは、どうも調子が変なので後々の事もあるので纏めてみました。

昨日も調子悪くて、ご飯食べたらなにかふわっとして軽い目眩
ニャンコのトイレに使ってる納戸の蛍光灯が切れたので、脚立を使って交換しようとしたら
益々目眩が酷くなって交換途中で中断、そのままベッドに入ったら目眩が酷くなって冷や汗が出てきて
こりゃダメだと思ってそのまま寝ました。

奥さんには暗い中で猫のトイレ掃除をして貰って申し訳なかったけど、中断して正解
無理したら倒れて怪我したかもしれないしね

それにしても一連の体調不良はどうなってるんだろう?
最初は膝に力が入らないからスタートしたんですよ
整骨院に行くと膝に問題があるのじゃなくて、腰に問題があると言われマッサージとかお灸で対応
それで良くなったんだけど、気になってたのは先生の咳
その後、すぐに風邪をひいたんです。

ところが熱だけない風邪の症状で内科で診て貰い風邪薬を処方して貰いましたがさっぱり
いつもの事だわ、と耳鼻科で同じように診て貰い風邪薬、特に喉を中心に薬を貰い飲みました。
いつもならここで治るのだけど、今回はなぜか治らない。

だんだん咳が止まらず胸が苦しくなってきたので再び内科へ
レントゲンに血液検査も実施して、左の肺の底がすりガラス状になってるのはなぜだろう?と先生
でも血液検査で異常はないし、どうも喘息か気管支炎になりかけてるらしく、その症状を抑える薬を貰うと
今度は治まってきたのです。

良かった良かったと思ったら、次はイタイイタイ病
説明すると長くなるんだけど、どこかの筋肉が急に痛くなって10~20分で何もなかったかのように治るのです。
30年程前に酷い状態になって、その後は年に3回程度なるだけ
息を止めて痛さを過ぎるのを待つと治まるので病院には行かず、ただ我慢してきました。

ところが今回は連続して発症するのです。
左肩が痛いと思ったら胸の所へ移動、治まったら今度は右肩の後ろ
そして治まらないから何故だ?と自分に問いかけると右肩後ろだったのが前になってる
おいおいおい、これ再発したら大変だぞ
第一、診てくれる病院がはっきりしない
そう思っててたら、だんだん発症しなくなってきて今回の目眩
どうなってるんだろう?

症状が固定すればその症状を病院で見て貰えば良いのだけど、ころころ変わる
この状態で心療内科へ行くと
先生 「そりゃストレスだね、ストレスが原因なんだよ」
オイラ「こんなけ、のんびり生活してるのにストレスなんか無いです」そういうと
先生 「ストレスが有るのに感じない、そこが病気なんだよ」
ダメだこりゃってな感じで、前言われましたな

30年前のイタイイタイ病の時も、市民病院の内科の先生は
「君、会社行くの嫌なんちゃうか、そんな病気はないんだよ」と言われ
なかなか信用して貰えなかったです。
あまりの痛さで足なら全く歩けない、腕なら腕の重みで痛い
会社の健康管理室の先生から、会社の病院へ検査入院させて貰うように頼んでくれたのですが
病院というのは悪い箇所がはっきりしないと入院はできないという事で断られました。
結局、他の病院も行って最初の市民病院も含めて全ての病院の診断結果は膠原病の疑いになりました。
確定するのに半年掛かるかため疑いだったのですが、どこもほぼ間違いないだろうと

それで膠原病専門の病院を紹介してもらい、行ってたのですが・・・なんと途中で治ったのです。
膠原病は治らないので、結局違う・・・・じゃなに?
想定は何かのウイルスが入って退治されたのに、体の白血球がそれを理解せず
どこかで間違って攻撃を仕掛けたから、皮膚も赤くなって炎症をおこしたようになってる
白血球が暴走した?それが原因ではないかということでした。
またアホな体の白血球が暴走してるのだろうか?

今晩の忘年会
日本酒でも飲めば、迷惑をかけてしまいそうなので自嘲気味にしときます。
ビールなら大丈夫でしょ
飲まんとは言わんよ(笑)




よかったらポチっと応援してね!

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

17:08  |  ┣つくレポ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |