fc2ブログ
>
2015年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2015.01.04 (Sun)

独り占めの京都 嵐山

今年も料理ネタで頑張ろうと思いますが、見ていただいてる方に
初春から酷いのを見てしまった、となっては申し訳ないので京都の景色からご紹介です。

2日の日はネタ探しにウォーキングして、電車沿いに西宮北口まで21.5km歩いたのです。
そうすると到着付近で凄い雪が降ってきて吹雪状態
この日はなんとか電車に乗って帰って来たのですが・・・・・雪の京都が頭に浮かびました。
その思いから3日の朝はカメラを持って、いざ京都・嵐山へ♪

天気は雪が止み晴天状態
だから、かなり積もった雪が解け始めて、屋根や木から雪の塊が落ちてくるし、道には積もった雪が
解けて滑りやすくなってました。
その事は全く考えてなくて、ボロい滑りやすい靴を履いて行ったので歩くのにかなり気を使いました。

渡月橋を渡り、奥嵯峨まで行くつもりだったのですが雪の竹林って風情あるんじゃない
そう思い、コース変更して行ってみたのです。

竹林に着くと、お兄さんが雪かき・・・あちこちでやってましたね
スコップあるのはいい方で、モップとか箒で雪掻きをしてましたよ
002_convert_20150103200610.jpg

嵐山の名所・竹林ですが雪が少し残ってる状態、いつもと違うひんやりした空気が心地よかったです。
011_convert_20150103200719.jpg
これだけ人が少ないのも珍しいです。
1420288266707_convert_20150103213810.jpg
竹林を抜けて坂を下るのですが、危ない、危ない
小幅で注意深く歩いたんですが滑りました。
滑ったらストップ利かないのね、クルっと回転してスッテンと転びました^-^;・・・・久々やね、こんなの(笑)

そして歩いていくと狸の置物も、雪で遊んでて喜んでるみたい(笑)
027_convert_20150103201853.jpg
そして更に歩いて行くと、女性の方が雪かきをしててちょっと会釈されたんです。
「大変ですね、こんなに雪が積もる事があるのですか?」と聞いてみると
「珍しいです、しかもお正月に積もるなんて無いです・・・どちらから」
「神戸からなんですが、京都が好きでよく来てるんです、今日は雪ですから」

そんな話をしたのですが、お店の方みたいで
「ここは会員制の茶室で普段は一般開放してないのですが、お正月だけ開放してるのです
  お茶やお酒もありますから、どうぞ入ってゆっくりしてください」
ところが入り口に張ってある看板が気になったのです。
「あ、料金は3000円です」
「あ、あの今日は急いで来たので、あまり持ってないのですよ、雪を撮るのがメインなので
    次、来た時、寄せて貰いますね」
そう言いながらさっと逃げました。
お茶が3000円ですか・・・・どんなけ~~~~(イッコーさん風)

そして嵯峨の方まで来たので、祇王寺に入ってみました。
平安時代の白拍子で平清盛に気に入られた後、同じ白拍子の仏御前を清盛に紹介したら
清盛が気移りして、祇王は捨てられた末に仏門に入った、そういう処なんですよ
正に独り占めの景色、中には他に誰もおらずゆっくり見せて貰いました。
031_convert_20150103202105.jpg
外から見た、かやぶき屋根の草庵
雪がずっしりと積もってます。
036_convert_20150103202228.jpg
清盛に可愛がられた仏御前も祇王が気になり、この地にやってきて
祇王姉妹と一緒に、この景色を見ながら生涯を閉じたようで年齢は24、5と書かれていたように思います。
仏間には平清盛や祇王、仏御前などの木像が安置されてました。

コースを変えて10分ほど歩くと秋には毎年行ってる宝筐院
まずは去年撮った紅葉の様子をもう一度
IMG_6100_convert_20141124091300.jpg
同じ位置から雪の宝筐院参道を撮ってみました。
056_convert_20150103195600.jpg
ここも独り占め、本堂に上がって中から雪が積もった庭を眺めておりました。
本堂を外からも(このお堂に座ると夏は涼しく冬は・・・・やっぱり寒かったです・笑)
052_convert_20150103201629.jpg
雪の宝筐院は初めてでした。

京都の四季を楽しむってのも、いいものですね
どか雪は困るけど風情ある雪景色、またチャンスがあれば行ってみたいと思います。

ニュースによりますと、今回の京都の積雪は61年ぶりだそうです。
そう考えたら貴重な写真になったかも


ポチっと応援してね!

テーマ : 行ってきました! ジャンル : 日記

06:47  |  ┣京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(19)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |