fc2ブログ
>
2014年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.07.02 (Wed)

小アジでみぞれ揚げ出汁とさんが

昨日から富士山登山が解禁になって、その様子がテレビで写ってました。

なめとんか( ̄∀ ̄メ)

ハイヒールにスカート、スリッパにTシャツ姿
どうも外国の方、特にどっかの国が多いようですが困ったもんですね
問題が起きても、一切助けないと宣言しても、そういう訳には行きませんしね

ここから僕の経験談です。
阪神タイガースが優勝した年でしたから、かなり昔の話ですが一回だけ登ったのです。
以前にも話したかも知れませんが、今度は詳しくご紹介

ある組織に属してまして(笑・怖い組じゃなですよ)、その記念の年の話
トップ「富士登山を企画せい、担当お前」と指名されました。
オイラ「山に登った事は全くないですよ」
と言ったのですが聞き入れられず決定

そこで、登山経験者の方に来ていただいて、色々と状況を聞いたのです。
経験者「天候が悪かったかな、8合目付近で真っ暗で嵐ですわ、石も飛んでくるし恐ろしかったよ
     そりゃ素人ばかりで登るなんて危険」
そんな意見ばかり、そこでそれを伝えて中止にしましょう、と言ったのです。

そうするとトップが旅行会社「赤い風船の富士登山ご来光ツアー」のパンフレットを持ってきて
「これを検討せい」と
という事でそのツアーに参加する形にしようと決め、登ることにしました。

それでも我々の富士登山の企画として
組織内参加者募集のパンフレットを徹夜で作って翌朝配布・・・・・・申し込み0、あ~~~良かった
と思ったら、責任者全員で行ってこいとの指示、しゃないな~
記念の幕も作って、トレッキングシューズも買いました。

7月だったと思います。
いよいよ登山の当日、皆遊び気分で、隣のバスを見たら若い女の子が一杯
「お~あんな娘も一緒に行くの、お友達になれそう」
なんて言ってたら、行き先は鳥取でした(笑)
登山バスは爺ちゃん、婆ちゃんに子供ばかりでした。

バスガイドは居なくて代わりに添乗員のお嬢さん
「入社して間もないのですが、会社から行って来いと言われて今回、皆さんとご一緒させて頂きます」
この先、エライことになるとは知らずに・・・・・

夕方、5合目に到着して夕食食べて夜11時頃まで休憩して出発です。
始めから防寒具をしっかり着て、ホントにこんなの要る?そんな感じでした。

富士登山ガイドさんに先導して頂くのですが最初に説明
「ここからかなりの時間が掛かります。登れば登った分だけ自分の力で下りなくてはいけません。
無理だと思ったら 残念ですが無理せず離れて降りてください。」

そして登っていくと、6合目でお婆さんがリタイア
徐々に登っていくと、山道に沢山座ってる方が・・・高山病で苦しんでます。(治るには下山しかないです)

石がいっぱい上からも落ちてきます。危ないです。
そして8合目付近になるとかなり寒くなってきて、僕らの仲間で一番のスポーツマンの人がダウン
でも誰も助ける余裕なんか有りませんし、一本道を行くか戻るか
8合目か8合目半に山小屋があって苦しい人はそこに泊まったようです。

7時間掛かっていよいよ頂上に到着、ほんとこれが7月かという位寒いです。
皆が幕を持って記念撮影しましたが、添乗員さんも居ませんでした。
記憶ではツアー全体の6~7割の方が登れたようです。

ご来光を拝んで、ラーメン食べて(低温で沸騰するラーメンです)下山
今度は赤土の須走を転げるように走って降りていきます。
赤土が舞い上がって服も顔も赤く汚れるのですが、そこにあのダウンした添乗員さんも戻って降りてきたのですが
下を向いたまま、一番後ろを付いてくるのです。
登りは7時間でしたが、下りは3時間で到着

皆でがんばって!と声を掛け全員、とにかく無事に5合目に戻ってきました。
添乗員さんも顔や髪が赤土で汚れて、見てほしくない状況(仕方ないわね)
最後はシャワーを浴びて綺麗にして他の観光地に寄って帰りました。

そのバスの中で添乗員さん
「皆さんどうでしたか、頂上まで登れましたでしょうか、  私は・・・・もう会社辞めます。こんなのイヤ」
って半分泣いてましたが
そこは皆で、続けてると楽しい事もいっぱいあるから頑張って!と励まして帰ったのが思い出に残ってます。
あの添乗員さん、今はどうなってるでしょうね

最初の問題
5合目と頂上は全然違いますから、外国の方に分かって貰えるようルール作りと宣伝が必要ですね

少し前の晩御飯です。
近くのスーパで、小アジが5尾入って298円
買って帰って、久しぶりにみぞれの揚げ浸しにしました。
低温で10分間じっくり揚げましたので、骨まで食べれて美味しかったですよ
奥さんも「ん、美味しいやん」と好評価でした。
IMG_5057_convert_20140702070445.jpg
出汁は300ccのお湯に白出汁大匙2、醤油、酒、味醂、各大匙1
それに大根おろしを入れて、そこによく揚げたアジを浸したら完了です。

この日のメニュー
1.アジのみぞれ揚げ浸し
2.ガリと胡瓜の和え物
3.トンカツ
4.枝豆
5.味醂付けの魚
チューハイを飲んでました。
IMG_5058_convert_20140702070623.jpg

ついでに残った小アジ2尾
翌日、今まで上手く出来たことが無かった、さんが焼きに挑戦しました。
この小アジを3枚に下ろして、叩いてネギ、ガリ、味噌を加えて、叩いて叩いて、この野郎ぉ~(笑)
そして丸くして大葉で包んで焼きました。
IMG_5060_convert_20140702070815.jpg
1個崩れた、見ないで!
我ながら出来るように成って来たのに満足、味は奥さんが「やるねぇ」と褒めてくれたのでバッチシじゃないかと

ここんとこ体重計に乗りながら、糖質いっぱいの晩御飯を続けてます。
少しづつ上がって、70kg手間になれば再び糖質オフで頑張ろうと思います。


ポチっと応援してね!

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

08:48  |  ┣貝・魚・海藻料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |