fc2ブログ
>
2013年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013.05.16 (Thu)

京都 葵祭り 2013

昨日は、我が団地のプータロー連合(2人・笑)で京都の葵祭を見て来ました。

この葵祭りは6世紀の奈良時代に国中が風水害で被害に見舞われた時、占いによると
賀茂大神の祟りであるらしいとでた。そこでその祟りを鎮めるために馬を走らせ、盛大に祭りを
行った事が起源らしいのです。

最初の写真は、上賀茂神社で最後に行われた走馬の儀の様子です。
去年は見る事が出来なかったのですが、今年はじっくり見てきましたよ
IMG_0280_convert_20130516102800.jpg

今度は流れる感じでどうでしょうか
IMG_0263_convert_20130516100331.jpg

IMG_0268_convert_20130516095635.jpg

IMG_0272_convert_20130516095838.jpg
一の鳥居から二の鳥居までの参道を、一頭ずつ馬を全力疾走させるのです。
いや~これはなかなか迫力ありますね

競馬場で見てもこれ程間近で見れません。
この走馬の儀が最初から行われた祭りの行事なんでしょうね


今年は京都御所から出発した行列を沿道で見るのを少なくして、上賀茂神社の
有料観覧席に入ってじっくり見ることにしました。

定刻どうり行列の先頭が、上賀茂神社に入ってきました。
最初が乗尻と言って、行列を先導し露払いをされる方のようです。
IMG_0121_convert_20130516110351.jpg

これは警衛の列の一部で、検非遺使(現在の警察のような役人)の関係の人だろうと思います。
IMG_0123_convert_20130516110752.jpg

これは内蔵寮(うちくらりょう)の官の列と言って、宝物の管理を司る
役所の役人のようです。
IMG_0140_convert_20130516111036.jpg

馬寮の官の列
馬を管理する役人の列で、これは風流傘といって行列に華を添えるためらしいです。
IMG_0141_convert_20130516120913.jpg

IMG_0147_convert_20130516121033.jpg

ここから行列が変わります。
斎王代以下女人列(昭和31年から復興されたらしいです)
メインは斎王代で、その昔、神や天皇に杖のようになってお世話する未婚の女性の方
をいうのだそうです。

最初は斎院の雅楽を奏する役人の行列です。
IMG_0151_convert_20130516112506.jpg

そして今年の代58代、斎王代の女性です。
毎年、一般市民から選ばれるそうで京都出身の東京在住のお嬢さんだとか
IMG_0159.jpg

命婦といわれる一般女官
IMG_0169_convert_20130516114443.jpg

采女(うねめ)
斎院の神事を司る女官で、昔は地方の豪族の娘から選ばれた方らしいです。
IMG_0170_convert_20130516114634.jpg

最後は勅使舞人陪従の列
省略しますが、皇居警察の役をすのだそうです。

その中で、今でいう警察音楽隊みたいなものでしょうか
陪従(べいじゅう)と言って、雅楽を奏する武官です。
IMG_0177_convert_20130516114806.jpg



朝から行って、途中、承天閣美術館に寄り休憩などもしましたが、丸一日見てました。

このお祭りは、ちょっと見てるだけなら退屈なお祭りです。
なにしろ行列は盛り上がりが全くありません。
盛り上がりは最後の走馬の儀くらいでしょうか

でももっと事前に勉強して内容を把握しておくと、行列を見てても楽しかったのに、とこれまた反省
来年はもっと正しく、違った角度から見て見たいな、と思ったのでした。ちゃんちゃん!


良かったらポチっと応援してね!









12:40  |  ┣京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |