fc2ブログ
>
2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.04.18 (Thu)

簡単 美味しい長芋焼き

風邪も少し良くなってきて、今は両方鼻づまり攻撃と戦っております・・・あははは
ま、首から下は問題ないのでじっくり待ちますか


今日は映画観た後で、お店で食べた長芋焼きが美味しかったので、家で作ったんですが
お店のやり方から、僕のなりのちょっと工夫が入った方法を紹介します。

まずは、その出来た長芋焼き
007_convert_20130418074038.jpg
見た目は普通のお好み焼きでしょ
何がいいのかというと、お皿で食べられる方法なんです。
調べても、長芋だけのお好み焼きをお皿で写してるのは見なかったです。

長芋焼きは小麦粉を使わず長芋と他の野菜で焼くんですわ
だいたい生地をフワッとさす為に長芋を入れますが、全部というのはなかなか少ないです。
何故なら固まらないので、ひっくり返すのが難しいのです。

お店のやり方は、お客の鉄板テーブルで焼いてました。
(焼いて持っていく事ができないからです)
お店の作り方
1.肉は塊を使ってまして、最初に良く焼きます。
2.長芋にネギを混ぜた生地を鉄板に載せて、焼いた肉を入れてしまいます。
3.コテで確り丸い形に成形します
4.エイヤっと引っくり返します(慣れた店員さんが全てやるんです)
   普通、お客の鉄板で焼く時は、お客自身が焼くんですがね
5.当然形が崩れますが、ここは知らん顔してコテで整形していきます。

一度引っくり返したら終わりです。
何せ、フワフワですから動かすと形が崩れて商品にならなくなるんですよね。


これが美味しかったので奥さんが作ろうとなったんです。
僕が考えたのは・・・・絆創膏・・いやいや、シュウマイの皮を使いました。
こんな風に3枚使ったんです。
006_convert_20130418074500.jpg
そうすると、引っくり返す事が容易になりましたし
シュウマイの皮が、味や食感に影響する事は殆どなかったです。

もっと柔らかいお好み焼きが食べたい方は一度お試しあれ!
レシピは後半に載せてます。



いつものどうでもいい話です。
先月送られてきたパンフレットに、観たいなって思った公演があったんです。
それはこの「情熱のタンゴ」というタイトルで楽団とダンスの公演みたいです
008_convert_20130418084103.jpg
演奏される曲目も、ラ・クンパルシータ、エル・チョクロ、リベルタンゴと魅力的
公演日は9月25日とまだ先出しね、と冷蔵庫に張ってたんですよ

そして、気が付いた日曜の4月14日チケット発売日
まだ先出しね、どのくらい埋まったのか見てみようと状況確認すると
1階席650は全て完売、2階席の後ろの方だけが残ってる状態・・・・ギエェ~~~

なにこれ!
なんでこんなに人気があるの
2階の後ろなんかじゃ面白くない・・・クソ~~

昔からクラシック系もこんなに人気なのかな
団塊の世代の大量退職で、ファンが増えてきたんでしょうね

これは考え方を変えないと、いい席で見れないね
また、2匹目のどじょうを狙いますか

満席になったところで、追加席を前回作ったんですよね・・・だから偶然最前列
今回も毎日チェックして・・・・追加席なかったりして?????


アルフレッド・ハウゼ楽団でどうぞ⇒ ラ・クンパルシータ



長芋焼きが美味しそうだったら、ぽちっと応援してね!



10:14  |    ┗野菜レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |