fc2ブログ
>
2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.04.06 (Sat)

穴子汁

昨日の晩御飯
1.穴子汁
2.椎茸焼いたの
飲み物はビール
042_convert_20130406065020.jpg
なんや今日は、淋しいな~
奥さん友達と食べてくる、と言うことで一人晩御飯ですわ
それにしても、しみったれてるなぁ~~~あははは

それやったらブログ更新せなかったら、ええのに

いやいや、今日も書かなイカンのです。
それはこっちが話題の料理!
041_convert_20130406054745.jpg
何の面白味も無い汁物やけど・・・・・

順番に話しますと、先日の須磨寺から帰りに須磨寺商店街(別名・智慧の道)を歩いてたら
こんなん見つけたんですわ
039_convert_20130406054845.jpg
路地の奥にはお寿司屋さんがあって、行列が出来てました。
その店が通りに台を置いて、無人で箱に入れて売ってるんです。
穴子の頭?そんなん食べた事が無い
出汁に使える、しかも100円やて・・・これは1つ戴こうかな
箱にちゃんと100円入れて、一つ貰って帰りました。

家に帰って、開けて見るとこんな感じ
040_convert_20130406054935.jpg
穴子を焼いた後の頭だけを売ってるんやね
身が付いてるけど・・・アカンアカン

これで出汁を採って、それで野菜を煮たのが上の穴子汁
穴子風味タップリで美味しかったです。


須磨寺商店街をちょっと紹介しますとこんな感じ
決して賑やかな所ではないんですよ
036_convert_20130406073615.jpg

商店街の奥には、源平ゆかりの地のパネル
035_convert_20130406055302.jpg

お店には、この商店街にしかない敦盛だんご
037_convert_20130406055353.jpg
どんな団子やろね

そしてココにしかない、須磨百種かるたの灯篭
夫々のお店の前に置いてあるんです。
038_convert_20130406055451.jpg
平忠度が読んだ歌
意味が分からん・・・・これが悲しい・・・あははは、今後の課題やね


須磨は平安時代の昔から登場するところで、在原行平や松尾芭蕉ちょっと古い?
新しい所では正岡子規、山本周五郎「須磨寺付近」なんかですけど

え、まだ古い?・・・・もうないな・・・あははは


須磨寺どうでしたでしょうか、良かったらぽちっと応援してね!




テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

08:17  |  ┣貝・魚・海藻料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |