fc2ブログ
>
2012年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.10.05 (Fri)

フェルメール&とんこつ鍋

東京都美術館から引き継いで、神戸市立博物館で行われてる
「マウリッツハウス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」
ってのを見て来ました。
その中でも有名なフェルメールの「真珠の耳飾の少女」の本物を見ましたよ

絵は・・・いや、も、何も分かってません・・・・あはははは


入り口の絵・・・大きいでしょ・・・これ看板やからね
003_convert_20121004211833.jpg
皆さん、この絵を背景に記念写真撮ってました。
それでは、いきますよ、本物の絵
















ほら、綺麗な絵でしょ・・・もっと見つめて欲しいわ・・・あははは
006_convert_20121004211952.jpg
ちゃいますがな


今度こそ本物、良く見てね
005_convert_20121004212135.jpg
携帯だから・・・・ちょっちねえ


って本物は警戒厳重で写真なんか撮れません。
ここでの展覧会は何回か見ましたが、こんな風にしてまで絵を見たのは初めてでした。

最初に入っていくと何時ものように、3Fと2Fで展示しており3Fから見て行きます。
大きな肖像画が沢山あって、なかなかの迫力です。
だいたい350年程前の絵で、写真のような感じでもあります。

これらの絵は注文を受けて書いたらしいのですが、実物を見ながら書くのではなく
依頼主から受けた印象で絵を書くのだそうです。
だからここの絵は、肖像画だけども実際の人物とも違う絵になってるらしいです。

3階を見終わって2階に降りると、いきなり入り口に立看があって
「非常に好評を得ており、直ぐに入場できない場合がございますが
  ご了承願います」と
また立ち止まらず、ゆっくり進んで見てくださいとも・・・パンダか


平日ですから空いているでだろう思って、中に入っていったら部屋は暗く、紺色のような布
で壁を覆っており、絵が全く有りません。

良く見ると、混雑した時によくやってるジグザグに行列をするように、ポールと
バンド?が張られてまして、そこに行列がありました。

そこへ進んでいって並んだんですが、一部光ってるところに・・・あの絵が


ちっちゃぁ~~~~~
横20cm、縦30cm位の大きさじゃなかったですかね、あくまでも感覚です。


順番が来て、じっと見ましたよ

そうすると、逆にじっと見つめられてるような気がして来ました。
ちょっと開いた唇に、思わせぶりなあの目

今の時代でも美人です。
350年経っても・・・・「ねぇ、私のこと・・・覚えてる?」・・・ぎゃははは
コワッ!


ちゃんとした解説は朝日新聞の広告から見てね⇒


昨日の晩御飯
とんこつスープが残ってましたので、とんこつ鍋にしました。
同じ鍋なら、テレビでやってるように綺麗につくりたい

そう思って豚肉と白菜を買おうとしたんですが
白菜1/2が128円、1/4が50円なんですわ・・・なんかちょっとおかしい
そんなに食べない我が家でしから、1/4の50円にしたんです。

それで、白菜と豚肉を重ねて半分に切って鍋に入れます。
009_convert_20121004212301.jpg
あんな綺麗にできへんわ
柔らかい部分でないと綺麗に並ばないし、豚肉も厚みがあってしっかり
してないと、切った時に崩れてしまう・・・もうええわ
あの1/2のにして柔らかい部分を使えば良かったのか

適当に廻りに並べて、真ん中に大根、里芋、厚揚げを入れてます。
上には出汁昆布を細かく切ってパラパラと乗せました・・・・準備完了


出来上がった鍋・・・見栄えは、やっぱりもう一つやな
あれ、スープが透明になった・・・なんで?煮たから?
012_convert_20121004212400.jpg
味付けは、鶏がらスープと胡椒を入れました。
美味しかったですけど・・・・とんこつが消えました。



今日のメニュー
とんこつ鍋・・・一応
017_convert_20121004212448.jpg


奥さん、気に入ってまた買おうと、買って来た息子に電話してましたが
物産展で常にないとか
ちょっとネットで探しましたけど、そんなん売ってる店って出てないですね





ぽちっと応援してね!

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

07:30  |  ┣鍋料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |