fc2ブログ
>
2012年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.08.28 (Tue)

神戸 はた珈琲店

京都で美味しいと思った珈琲

別に珈琲に拘ってるわけじゃないんだけど、一度飲み出すと
やはり美味しいと思える珈琲が飲みたくなるんですね

先日買った豆も、少しずつ好みの感じになってきましたが
問題点も・・・その少し前に買ったフレッシュミルクが残ってしまう

料理にも使えんもんかな?


それは置いといて、わざわざ珈琲を飲みに京都まで行くわけにも行かず
たかが珈琲(怒られそうな表現だが)、神戸にもあるやろ
ということで、ネットで探して行ってみたのです。


神戸 元町商店街にある「はた珈琲店」
012_convert_20120828074117.jpg
この店は良く通る商店街なんですが、店に入った事は全く無かったのです。
赤レンガ造りで神戸元町みなとまちコンテストで、優秀ファザード賞を受賞
した店だそうで入り口には、ロイヤル・コペンハーゲンのカップやソーサー
を飾ってます。

ま、近くなので散歩がてら、奥さんと行って来ました。
そうすると店の前に、こんなメニューがありました。
006_convert_20120828074223.jpg
やっぱし今年の神戸やね
清盛ブレンドってどんなんや?


と半分呆れながら、僕が注文したのが・・・やっぱり清盛ブレンド・・・あははは
奥さんは、まず、はたブレンドを飲まないかんやろ・・・と
004_convert_20120828074315.jpg
清盛ブレンドは男味で苦味を効かした個性溢れるブレンド・・・らしいです。
正直、味がどうのこうのとは言う表現力はありませんが、すっきり飲めました。

もう一つこの店のいいところは、このいいカップで飲ませてくれるそうです。
(後で知りました)が、僕らのは普通やね?
もっと通うと使ってくれるんでしょうか?

最後にお店の写真です。
007_convert_20120828074428.jpg


ところで余談ですが、ティーカップのソーサーはなぜあるかご存知でしょうか?
スプーンを乗せるため?、フレッシュを乗せるため?でしょうか


ドイツのマイセンという超豪華なカップが有りますが、それを展示している
花鳥館の方から聞いたお話です。

昔、貴族の方は毎朝、紅茶を飲んでたらしいのですが、そのカップの絵柄は花であり
小鳥の絵が描かれていたのです。
そのカップは2重構造になってて、ソーサーは今のお皿のようでなく、深くて器に近い
物でした。

その貴族はカップに紅茶を入れますが、ソーサーに描かれた花や鳥達にも
「さあ、お飲み」という事で、カップからソーサーに移してあげてたそうです。
だから昔のソーサーは深かったのです。(実際、実際花鳥館で拝見出来ます)

ところが一般的に広まると同時に、ソーサーに移すという習慣が無くなってきて
使いやすいように、今のお皿のようになったということです。

へぇ~でしょ・・・それ以外何もありませんが・・・あははは


面白かった人は、ポチツっと応援してね

テーマ : 行ってきました! ジャンル : 日記

09:15  |   : : ┗今は思い出のお店  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |