fc2ブログ
>
2012年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.05.29 (Tue)

高野豆腐の照り焼き

昨日の続きです。
ま~、大した話じゃないので期待は禁物ですよ
(せえへん、せえへん・・・誰がするか・・・あははは)


なんの話やったかな
あ、徳川道の話

今日見た人の為に、昨日の写真ですわ(優しい心使い・笑)
この道が、徳川道の一部
P1100647_convert_20120527230620.jpg

なんやねん、それ!

1862年、横浜の生麦村で起こった生麦事件と同じ様に、欧米人との衝突を
避けようと、神戸の西国街道とは別に、山側に迂回する道を急遽作った34Km
の道の事を言ってますのや・・・・分からんな~

神戸事件ってのは開港まもない1868年、慶応4年のここ三宮神社前での話
ポンポン、ポポンがポン
014_convert_20120529111015.jpg

明治政府から西宮(神戸の隣)の警備を命ぜられた備前藩(今の岡山県)の隊列が
西国街道を東に向かって行進中に、神戸三宮神社の前にさしかかった時、沖に停泊
していた外国軍艦のフランス人水兵数人が隊列を横切ったんです。それに怒った備
前藩の隊長、滝連三郎が槍で静止しようとしたんですが、言葉が通じなかった。
フランス語勉強し~や・お前もやって・・・・あははは

フランス人水兵は意味が分からず、無視して隊列を横切ったので、滝連三郎は更に
止めようとして軽症を負わしてしまったんです。
その時、近くに居た水平が拳銃を出してきたもんだから、滝連三郎は思わず
「拳銃、拳銃」と驚きの声を出したんですが、それが味方への命令と勘違いされて
しまい、打ち合いとなって国際事件となったんです。

この事件を「神戸事件」と言ってます。
この時既に、横浜生麦事件の様なことを回避するため、この「徳川道」を突貫工事
で作ったにも関わらず、使用されずに事件が起きてしまったのです。

この後、神戸の居留地は占領されてしまい、明治政府に3つの条件が出されます。
1.日本は各国に対し謝罪するとこ
2.今後、この様なことを起さない様に明言すること
3.責任者を死刑にする事

明治政府は、東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)を代表としてましたが、直接交渉
をしたのが、後の初代兵庫県知事で同じく初代総理大臣の伊藤博文なんですよ
昔の千円札でお馴染みでしたよね

でも交渉は決裂して、結局、滝連三郎は切腹となるのですが、その時の様子が下の
写真なんです。(ガラスで反射して見難いのはゴメンネ!)
向こう側の椅子に外国人が座って見ています。
017_convert_20120529111128.jpg

結局、この切腹で欧米から居留地占領が解除されて、日本が後の香港の様に
植民地にならずに済んだという重要な事件でした。

その滝連三郎のお墓がこの大仏のある能福寺にあるんですが、そのお墓の隣には
平清盛が眠ってるお墓があるのですよ(ホンマに眠ってるかどうかは不明らしい)
何でも清盛にくっ付けまっしゃろ・・・あははは
007_convert_20120104204544.jpg


昨日の晩御飯
ナイショでね、ワイコインで飲めるところで飲んだら
飲みすぎ、食べすぎで大幅体重増・・・これはイカン!

肉料理も多かったので、控えめにして調整でございます。

家に買い置きしてる高野豆腐
煮物かフライしかやった事がないので、今日は照り焼き
高野豆腐の照り焼きってあまり聞かないでしょ

照り焼きのタレを作って、そこに絞った高野豆腐を入れたら
タレを全部吸い込んでしまいました・・・・当たり前かな?

これを焼いたら官僚・・・いや完了
001_convert_20120529105802.jpg
ええ色でしょ


もう一つは、鯵の南蛮浸け
作って1日置きました。
004_convert_20120529105853.jpg
柔らかくなって美味しかったです。


もう一つは、晩酌日記のおきよさんが作ってた
「納豆おろし」
005_convert_20120529105943.jpg
めっちゃ体に良さそう、さっぱりして美味しかった
おきよさん、有難うございました。


今日のメニュー
1.高野豆腐の照り焼き
2.鯵の南蛮浸け
3.納豆おろし
4.レタスキムチ奴(適当に乗せました)

ビールのグラスを奥さんが、買ってきてくれました。
たっぷり入って、飲みやすいです。
011_convert_20120529110033.jpg

なんか長い記事が続くな
もっと端的に書けんか・・・・無理?





ポチツっと応援してね

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

13:38  |  ┣豆腐料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |