fc2ブログ
>
2012年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2012.02.23 (Thu)

おでん

先日、「のむとたべるとネイルと」BOO子さんがおでんを作ってました。
美味しそうで、一杯やりたいよね
冬はやっぱし、温かい「おでん」が一番って言ってたよな、確か
でも長いこと食べてないような気がする。

大体おでんは奥さんの担当だから、僕が料理を作るようになってから食べて無い???

一番のネックはスジ肉
以前、スーパーで安い米国産の牛スジを買ってきたら怒られた

実際、料理してみたら、油が少なくてパサパサ
国産牛のスジ肉なら脂が多くて、甘くて、煮込むととろけるんですよね
ところが、溶けて無くなっていくのに高いんだもんね
ケチなオイラにとっては、なかなか買えないのです。

それが、自転車を飛ばして用事に行ってたら
その途中になんと、高級な霜降り肉を置いてる肉屋さんが
100g100円で今日の特売って書いて売ってたんですよ

これはチャンス!
500g買って、今日はおでんだ~~~
じっくり煮込みましたよ
スジ肉の脂がとろけて、体に悪そ~(笑)
しかし、これが好きなんだな
具はいろいろと買ってきて、冷蔵庫の人参なんかも入れてみた
008_convert_20120222195912.jpg
具は、牛すじ、厚揚げ、焼き豆腐、里芋、じゃが芋、玉子、大根
椎茸、がんも、こんにゃく、人参
こんなもんかな

こんな日に、奥さんも禁酒なんて言ってられないから
久しぶりに、二人で飲んで食べました。
011_convert_20120222200028.jpg
胃が小さくなったのかな
食べ切れません・・・当たり前か
残ったのは明日の弁当に、そしてまた晩御飯にも続きそうです。
でも久しぶりに美味しかったです。

BOO子さん、思い出させて貰って有難うございました。


ポチツっと応援してね

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

08:19  |  ┣鍋料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  編集  |  Top↑

2012.02.22 (Wed)

神戸・乙仲通り イタリア料理・SOURCE

最近、京都が多くなってますが、神戸も忘れてません。
京都の魅力といったら、昔から伝わる社寺や街並みに食べ物
甘味処も捨てられません。

でもね、テレビで紹介されてるお洒落な店ってのは
あまり行きたい、食べたいとは思わないんですよね

お洒落な店はやっぱし神戸でしょ
ずっと住んでて、今頃それが分かってきました。
60も近いジジイが?・・・あははは

それは神戸の歴史が明治から始まって、居留地の影響を受けた
建物が沢山残ってて、その匂いが街から感じられるからだと
思うようになりました。

その古き匂いと、現代をマッチさせてるところが
旧居留地近くの乙仲通りですな・・・・まだ発展途中ですけどね


そこでランチを食べに、乙仲通りのピザのイタリア料理「SOURCE」へ
行って来ました。
015_convert_20120221213714.jpg
ごちゃごちゃっとした感じですが、外から釜でピザを焼いてる
ところが見えてます。
久しぶりにピザを食べて見ましょう

テーブルに案内されて、早速飲み物
ワインのボトルに水を入れて、持ってきてくれます。
勿論ワインが沢山置いてましたが・・・
003_convert_20120221213822.jpg

メニューを持ってきてくれたんですが
壁にある、今日のお勧めがいいやね
奥さんと行ったんだけど、お店の方のお勧め
一人はピザ、もう一人はパスタにしたらいかがですか・・・と
006_convert_20120221213959.jpg

何故かというと、パスタを注文すると
これが付いてくるんです。これフォカッチャと言って食べ放題
最初はこれがピザかと思いましたよ
008_convert_20120221214243.jpg
ほんとは、パスタを注文した人が食べられるんだけど
二人で来た場合は、二人で食べてもOK
しかもお代わりもって・・・・だけど30cm位あるので2つも食べれない

後はシーザーサラダ、スープどちらかという事で別々な物を注文
僕はサラダで野菜をたっぷり食べました。
005_convert_20120221214413.jpg004_convert_20120221214531.jpg

奥さんが注文したパスタ
桜海老と春キャベツのアーリオ・オーリオ・アンチョビ風味
さっぱり分かんね~や
009_convert_20120221214738.jpg

オイラはピザで、コーンとルッコラのピッツァビアンカ
唐辛子入りのオイルをたっぷり掛けて食べました
美味しいで御座います
011_convert_20120221214953.jpg
勿論、奥さんとシェアして食べましたけど
お店も当然分かってて、ちゃんと準備してくれてます

一人で入ってるおっちゃんが居ましたが、必死で全部食べてました
二人でシェアが食べ易いです


お腹いっぱいになったところで、紅茶などいかがでしょうか!!!
014_convert_20120221215109.jpg



ポチツっと応援してね

テーマ : 行ってきました! ジャンル : 日記

09:43  |   : : ┗今は思い出のお店  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2012.02.21 (Tue)

豚じゃが

奥さんが人参を貰ってきて、それに小玉葱も使ってるんだけど
どっちも、なかなか減りません

今日は、何をしようか
肉じゃがいいな

で思い出したのが、関西は牛肉を使うけど
前にブログで関東の人は豚肉が普通だと言ってた

ブログするまでは、豚じゃがって食べた事が無い
牛肉だよね・・・・って言っておきながら、最近は高くて
牛肉を買ってないわ・・・あははは

豚じゃがをレシピ見ながら作りました。
豚バラ肉はよく炒めて、焦がしぎみ(ここだけ自己流)にして
後のじゃが芋、人参、玉葱は普通に炒めて煮ました
マイウ~~
007_convert_20120220154728.jpg

もう一つは、冷凍イカの残りを小さく切って
チヂミを作りました。
追加の具は、当たり前のニラ、冷凍海老、人参
お好み焼きと違って、おかずになるな
014_convert_20120220154827.jpg
お好み焼きに御飯って、無いことは無いが余り関西でも無い
焼きそば+ご飯は普通だけどね
反対に、お好み焼きは立派な晩御飯

チヂミだけで晩御飯は無いよね
お好み焼きと似てるけど、こりゃ、おかずだわ

今日のメニュー
1.豚じゃが
2.チヂミ
015_convert_20120220154930.jpg
お箸の準備前でした・・・あはは


ポチツっと応援してね

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

07:30  |  ┣肉料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)  |  編集  |  Top↑

2012.02.20 (Mon)

いざ出陣! No2

海賊討伐を体感してみよう
京都まで歩いて行ってみる
2日目、ちょっとややこしい道を歩いてみました。

2日目の終わりは、上牧というところ
さっぱり分からないと思いますので、地図を借りました。
下のURLをクリックして貰って、サイズを県の辺りまで
縮小して貰うと、左下に神戸、右上に京都、2日目の地点が
マークの部分になります。
http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?p=%E4%B8%8A%E7%89%A7&lat=34.87206885923401&lon=135.66175587270126&ei=utf-8&datum=wgs&lnm=%E4%B8%8A%E7%89%A7%E9%A7%85%28%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%29&idx=25&v=2&sc=3&layer=4

この日の到着駅、阪急電車の上牧駅です
駅周辺はマンション等がある住宅地ですが
ちょっと離れると、畑がいっぱいの場所でした。
003_convert_20120220071913.jpg
歩いた歩数、約5万6千歩
010_convert_20120220072943.jpg
距離約31km
008_convert_20120220073252.jpg
実際は、もう少し距離が有りそうです
なぜなら、迷いながら歩いて高槻という所で国道の道路標識
神戸48kmでした。
歩いた距離とほぼ一緒、ジグザグの余分があるはずですが・・・不明

2日目の出発は、地図上では尼崎という所で
電車や国道は大阪に向います。
でも、それは京都から離れる方向になるため
豊中、吹田、茨城、高槻というルートにしました

でも、それは国道も無ければ電車も、そのルートはありません
ただ以前勤めてた会社の近くでもあるので、ある程度の土地勘も
ありなんとか歩くことが出来ました。

この辺りは、山や海が見えません
どこを歩いてるんやろ?、そんな感じになってきます。
神戸のように山が見えてたら楽やのに・・・

それでも何とか車で走ったことがあったので、吹田まで順調でした。

ところが、全く来た事が無い場所になると急に不安になるんですね
国道から離れて歩いていくと、急にモノレールが見えて
ここはどこ?モノレールってひょっとして方向間違ってる?
と思って、国道の看板見たら・・・奈良って書いてある
は、?奈良方面?・・・方向が逆やんか
これは、まず電車の駅まで戻ろう

分かったのは、大阪の地名に奈良ってあるんですわ
ややこしい地名やな

そして、電車道に沿って歩こうと決め、右側に電車道って決めました。
これが歩けんのです。沿線に沿って歩道が無いのです。
しかも、住宅地の道は入り組んでるし、高架はあるしで

でいつのまにか、右側に電車道って思ってたんですが、反対の道を
歩いていたんです。
それを、右側に電車が走ってるから、右、右方向なんて思ってたら
どんどん離れて、さっぱり分からず川沿いを歩いて居ました。
さて、私はどこを歩いているんでしょう状態

工事中の警備員さんに高槻はどう行けばいいの、と聞くと
反対方向へず~~~~~と行ってくださいって

物凄く遠回りになりました。

更に、完全行き止まり状態の住宅街
道幅は広いのに、車や人が来ないように、完全行き止まりに
してる場所なんかもあるんです
出口を探し回って、500m以上逆戻りしましたよ

この日の最終地点は、山裾にある場所
これより京都までは、ずっと山裾を歩きます
神戸も山裾じゃないですか

ならば、ずっと山裾を歩けば京都から神戸に迷わず歩ける
しかも山なら綺麗な水が流れてただろうにって思ったんですよ
調べたら、その通りでした。

平安時代の街道は、京都が基点として道があり
山陽道は京都から山沿いに神戸に向ってたんです
ほぼ直線になります。

もし平安時代の道を歩けたのなら、こんな遠回りも無く
もっと京都に近づけてただろうと思いますよ
2日で神戸→京都は行けた
これが結論です

馬を使えば、1日も不可能じゃなかったようにも思えます。
馬に餌をやったりするところを駅と言って、訓読み「うまや」なんですね

平安末期には、これが宿になっていったそうですから
人も馬も結構、往来があったんでしょう

でも海賊討伐に、大勢の人間や馬が一度に行けたのかな?
凄く目立つやないか
海賊側の情報網は無かったのかな、あれば地元有利に思うんだけど

新たな疑問ですわ




先日の三十三間堂の疑問が分かりました。
僕の間違いでした。
三十三間堂は二つあったんです。

忠盛が白河法皇に寄進した三十三間堂は、もう少し北側で
京都の地震で壊れて無くなってしまいました。
その後、清盛が後白河法皇の命を受けて出来たのが
地震対策まで施した、今の三十三間堂だったんですね

阪急電車の紹介も、2つありましたわ
だけど書き方が悪いぞ
今の三十三間堂のところに、忠盛が建てた三十三間堂と書いて
嵐山方面に、清盛が建てた三十三間堂の説明とは

ま、自分の知識の無さを棚に上げて言っております・・・あははは



ポチツっと応援してね

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

08:51  |  平清盛解説&ゆかりの地  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2012.02.18 (Sat)

雪の京都・金閣寺

今日は、日本中寒いそうです。
日本海側は、また大雪が予想されて大変ですね

そんな日でも、神戸に雪が降る事はありません。
(昔は毎年、雪が積もって除雪道具なんかも有ったようです)
だから怒られるかも知れないですが、雪の風景が好きなんです

今日の天気予報、京都は雪・・・え、え、チャンスやんか!
雪の金閣寺が見たい
去年もそんな事言ってて、行ってみたら雪が解けてて
悔しい思いをしましたわ

だから、今年こそリベンジ
一年に何回もチャンスは無いですからね
奥さんは仕事なので、一人で朝から京都に行ってきました。

四条河原町に着くと、晴れ間が覗いてますが雪は積もってました。

くっくっくっくっく~~~
今日はいけるぞ

四条河原町から市バスフリー切符を買って、いざ金閣寺へ
到着したら、もう凄い人でしたわ
でも、木々に積もった雪が綺麗ですね
017_convert_20120218182101.jpg

入り口付近です
これだけの雪を見たのは、本当に久しぶり
020_convert_20120218182234.jpg

雪が降ってます
写真集で見た金閣寺のようです
021_convert_20120218202114.jpg



023_convert_20120218182421.jpg

庭にも風情がありますね
029_convert_20120218182827.jpg

反対側の庭です
026_convert_20120218183043.jpg
こてを足利義満は、この寺の中から見てたんですね
中の屏風は先日、相国寺で見せていただきましたし

ほんと贅沢な造りですな

034_convert_20120218202406.jpg

035_convert_20120218202624.jpg




後半は他にバスで行きましたので、ついでに見てください


ポチツっと応援してね

テーマ : 行ってきました! ジャンル : 日記

19:42  |  ┣京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT