fc2ブログ
>
2012年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.01.30 (Mon)

NHK大河ドラマ「平清盛」 現代版同時通訳No1

昨日、東野圭吾の「麒麟の翼」という映画を観て来ました。
いや~、なかなか良かった、面白かったですよ。
流石人気作家、東野圭吾ですわ

現代の世相を表した推理小説で、田舎から東京に出てきたカップルが
工場の派遣切りに合い、苦しんでるところに殺人が起きて・・・・

見てても非常に状況がよく分かりますし、自分なりの推理もしながら
映画を楽しみました。


ところで、昨日の大河ドラマ「平清盛」はどうでしたでしょうか?
我が奥さんは、源頼朝が清盛が親父・忠盛の悪口を言った事に殴りかかった
事を見て「仲がええのか、悪いのか、さっぱり分からんわ」と言ってます。

源氏と平家ですから、敵のようですが画面からはそうは受け取れません

つまり時代背景が分からないからなんですね
多分、そういう方が多いのではないでしょうか
今でも低い視聴率が更に下がっては困ります。

そこで、このブログを見て下さる方に、面白く見れるように
ちょっと解説と、意図を現在に置き換えた作り話を提供します

まずはドラマを観るに当たって、知ってて欲しいこと

<天皇>
言わずと知れた最高位で、政(まつりごと)を行います。

<上皇>鳥羽上皇(三上博史)
天皇を退いた人・・・なんですが
政をするには、骨も折れるし、責任も付く
だから子供に皇位を譲り、位としては下がっても能力の無い子供の
天皇に代わり、実権を持って口だけ男となる

<法皇>白河院(伊藤四朗)
上皇を出家すると法皇になる
当時は病気になった時、医者など居ないから、祈祷師による祈祷が一般的
それでもダメなら、仏門に出家すると治るとされていた
出家は財産も全て置いて修行に出るものだが、地位も実権も持った人間が
放す訳もなく、ただ助かりたい一念で全てを持って仏門に入った

<公家>藤原忠実(國村隼)等
天皇を補佐する役目
上皇と同じ様に、能力のない天皇を即位させると、補佐でありながら実権
を握れるので上皇とは同じ考えだが、どちらも実権を握りたいので
上皇や法皇とは敵対関係、藤原忠実(國村隼)がトップ

<武家の平家と源氏>平忠盛(仲井貴一)・源為義(小日向文世)
王家(天皇・上皇・法皇)や公家は喧嘩は弱い
自分達の地位や財産を守る人間がどうしても必要で
その2大勢力が平家と源氏だったが、あくまでも公家の犬
だけど、いまの世界中の世の中でも一緒だが、軍部への対応は当然
一般市民より優遇されていた

そして王家が重んじたのは平家、公家の藤原家が重んじたのが源氏であった


ここで昨日の内容を振り返ってみる。
言葉や内容は、そのときの印象で言ってるので正確ではありません。


鳥羽上皇(三上博史)が妃の璋子<トクコ>(檀れい)に
「ワシに一言謝ってはくれぬか」と言うと、そこで謝ってしまう
鳥羽上皇は怒って、無言で出て行き、仏像をじっと眺めるシーン

妃の璋子が白河院の養子の身で鳥羽上皇の妃となった後も
スケベな白河院は、夜な夜な璋子の所に忍び込んだ

璋子は顕仁<アキヒト>という子供、後の崇徳天皇を産むのだが
見かけ上は、鳥羽上皇の子
しかし、鳥羽上皇はその子は白河院の子であることを知っており
付人の堀川局(りよう)は璋子に「なぜ謝ってしまったのか・上皇様のお気持ち
を察して嘘でもあなたの子だとなぜ言わなかったのか」という顔をした場面
お分かりだったでしょうか
これは僕の印象ですけど


もう一つ、奥さんが分からんと言った場面
平家の棟梁、平忠盛(中井貴一)が公家にバカにされながらも武士として
初めて殿上人となり、出世したのに対し、源為義は手柄を上げられずに
完全に平家に負けている、そのお互いの子供・平清盛は出世した親父の
悪口を言い、源氏の棟梁の子、源頼朝は、清盛が理解していないことと
自分がどうにもならぬ悔しさから爆発したのでしょう


最後に忠盛が「ワシは公家や王家の犬では終わりとうないのだ」
と清盛に言ったシーン
これで僕も第一話の意味が分かった
清盛も同じ事を何時も思ってる。清盛が「それはいつから」と聞いたとき
「お前をワシの子と育てると決めたときからじゃ」

多分それは、清盛という子供可愛さから言った言葉ではない
白河院という王家の子供が、白拍子が産んだ子であっても飛び込んできた
ここは、ひょっとすると平家が王家と関係を持つチャンスかもと考えたから
父の正盛(中村敦夫)から院の命令に背くことは、平家が滅びることに
なることが分かっておるのか、武士は王家に逆らってはならぬのじゃ
と言われても、清盛を守ったのは、そのせいではないかと思うのでありました。

以上昨日の内容であります。
どうでしょうか?
少しはお役に立てたでしょうか

次回は海賊討伐もやってみたいと思います。


現代版は、それでもイメージが出来ない方ように
勝手に想像して作ってみました。
続きで見てください。
あくまでも、登場人物や名前は架空の人物ですから
怒っちゃダメよ・・・あはは


ポチツっと応援してね

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

12:30  |  平清盛解説&ゆかりの地  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |