fc2ブログ
>
2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.08.06 (Fri)

郷土料理No4・忠七飯

昨日のけんちん汁、沢山作ったので食べきれませんでした。
当然のごとく、お弁当の材料にまわります。

合理的、節約、倹約、食べ過ぎ解消・・・・
アハハ、どうしてもこうなりますなぁ~
なんやて、キャラ弁はどこいった?
あ~~、無理、そのうち、そうそう、そのうちね。

それでも直ぐ食べれるお弁当の方がいいので、毎日作ってます。
弁当

ところで昨日の晩御飯
ここも残り物材料の掃除が優先となりました。
テーマを決めて材料を買うと、どうしても種類が多くなる。

量も3人ですが2人分で十分なため、材料がどうしても余るんです。
少しずつも、結構な種類と量ができます。

まずはあっさりと、ししとうのパスタ
塩味のパスタに、ししとうとレモンを添えました。
さっぱりとして美味しかったです。
パスタ

もう一品はきんぴらごぼう
これは奥さんが褒めてくれました。
写真では、分かりにくいんですが油揚げを入れてます。
少し濃いめに、甘辛く味付けしたのが、油揚げに味が良くでて
ゴボウと上手く合って、美味しいですよ

今日のメニュー
1.ししとうのパスタ
2.きんぴらごぼう

え、郷土料理はどうした?
食卓

最後の仕上げに、お茶漬けが食べたい

今日の郷土料理は埼玉県の忠七飯だ~

この忠七飯って、ちょっと変わってレシピが探しても無い
割烹旅館、二葉亭しか出てこない

どうも、明治維新の武士、山岡鉄舟がこの二葉亭の料理人、忠七に
「調理に禅味を盛れ」と示唆し、出来上がった料理だとか

剣…わさび(ピリリとした刺激の中に剣の鋭さを蔵す)
禅…海 苔(極めて淡い味の中に禅を宿す)
書…柚 子(香り高い中に書の精神を観る)

鉄舟が食べて「我が意を得たり」と喜んだそうな


従って、今日はメタボ夫婦風「忠七飯」もどき

ご飯に韓国海苔としらすを混ぜて、柚子を乗せる
長ネギを千切りにして、水にさらし、ぱらぱらと乗せる
冷蔵庫の練りワサビを添えて、ご飯は完了

出汁が命らしいんですが、さっぱり不明なので
鶏ガラスープに、酒、味りんで薄めの味付け、出汁完了

出汁をたっぷり掛けて食べました。
旨い!

インスタントのお茶漬けより、これは美味しい
柚子、わさびもしっかり感じる。
忠七飯
多分、こんなんかな???
の料理でした(笑)

<参考>
山岡鉄舟・・・今、流行りの坂本竜馬の先生、勝海舟と並んで、幕末の三舟の一人

日本の五大めし
       忠七めし(埼玉県・小川町)
       深川めし(東京・深川)
       さよりめし(岐阜・山岳地方)
       かやくめし(大阪・難波)
       うずめめし(島根・津和野)

テーマ : 美味しかった♪ ジャンル : グルメ

08:48  |  ┣郷土料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |