fc2ブログ
>
2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.08.20 (Fri)

郷土料理No12・そば米雑炊

むちゃ暑いですね!
直射日光に直接当たると皮膚が焼けるみたい(大袈裟)

昨日は、奈良の平安遷都1300年祭に一人で行ってきたんですが
広い敷地の中を歩き回るあの催し物は、地獄でした。


オイラの夏休みも、今日で終わりました。
ばあちゃんがショートステイから帰ってきましたので、元の生活に戻ります。


郷土料理、急に京都へ飛びましたが、また四国経由で九州へ向けて戻りましょう。
京都からJRに乗って大阪へ戻り、高速バスでいざ徳島へ
大阪から神戸を抜けて、明石海峡大橋を渡り淡路島を走ります。
そして淡路島を縦断し、大鳴門橋から渦潮を眺めながら四国へ
大阪から、わずか2時間半で到着です。


夏の徳島は、阿波踊りで活気づいています。
徳島と言えばいただきマス倶楽部のちゅんごさん
阿波踊りの様子を臨場感たっぷりの写真でレポしてくれてます。

さて、今日の郷土料理は徳島県のそば米雑炊
でも、そば米って見たことも、聞いたこともありません。

スーパーや、三宮のいろんな店で探しましたが、ありません。
ということで、またもちゅんごさんに助けて戴きました。

これが徳島のそば米です。
コメではなく、そばの実の殻を取ったものです。
そば米

作り方は、そば米を洗って茹でて柔らかくし、水洗いしておきます。
別の鍋に、出汁で大根やニンジン、干し椎茸を入れ煮ます。
柔らかくなったところで、茹でたそば米と鶏肉を入れます。↓
鍋

酒、醤油、みりん、塩で味付けして完成
お茶碗に盛って、ネギを添えて出来上がりです

食べてみると、白米より味があり
ちょっと硬い感じ・・・・こんなものか?わかりません
サラサラと食べるというより、がっつり食べるって感じです。
ちょっと違った食感でしたが、美味しかったですよ。
お昼御飯として、食べたのでビール無し・・・か?
雑炊

そば米についてもう少し詳しく調べてみると
その昔、源平の合戦に敗れた平家が、身を潜めたとされる東祖谷山村が発祥で
当時は粟やひえが主食だったらしいんですが、落人達は栽培期間が短い
ソバを作って主食代用としたのが始まりらしいです。

ひぇ~、古くからあったんだ。
まさに郷土料理ですね!


まだ残ってるので、今度は奥さんがそば米料理に挑戦してくれるようです。
お楽しみ!


こんなオイラに、ポチッっと応援して戴いたら
更に妄想を膨らまして、喜びます。

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

16:54  |  ┣郷土料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

2010.08.18 (Wed)

郷土料理No11・賀茂ナス田楽

先日は宮崎からいきなり京都へ戻りました。
ここで、ちょっとゆっくりして行きましょう。

先斗町から加茂川を渡り、祇園へ向かう

途中、京都四条南座の前を通ると演目「義経千本桜」が目に入った
200年以上前から、演じられてるこの歌舞伎を見てみたい
そう思った。


そうだ、いその爺さんが言ってた、あの“ゆき乃”さんに合ってみたい
そんな事を考えながら、祇園の方へ歩いて行くと

黒留袖を着たスラっとした女性が歩いていく。

引き込まれるように後を付いて行くと、路地にスッと消えた。

そこには提灯が・・・・・・







割烹「メタボ」


あははは、お粗末でした。

今日の郷土料理は京都府の賀茂ナス田楽
先日、錦市場で買った京野菜、賀茂ナスと万願寺とうがらしを使った京料理です。

<作り方>
賀茂ナスの皮を剥き、上部をカットして蓋を作りました。

真ん中を少しくりぬき、中火でじっくり揚げて、その穴に白味噌で
鶏の肉味噌を作りのせました。
周りには万願寺とうがらしを添えて出来上がり。

出来上がりは、まあまあかな?
賀茂ナス

今日のメニュー
1、賀茂ナスの田楽
2、中華風きゅうり漬け
3、水菜のサラダ

ナスはどうやって食べた?って
一瞬悩みました。

ケーキの様にナイフを入れて、切りました。
味噌を絡めて食べると、甘くて美味しかったです。
食卓


こんなオイラに、ポチッっと応援して戴いたら
更に妄想を膨らまして、喜びます。

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

19:38  |  ┣郷土料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  編集  |  Top↑

2010.08.17 (Tue)

五山の送り火

チューブです。好きな曲です。関係ありません(笑)

妄想の旅は、日豊本線北上~~なんですが・・・
今週は、ちょっと休み、休み

いきなり現実に戻って
ばあちゃんは今週、ショートステイに行ってもらいました。
オイラにとっては、遅れた夏休み。
(ずっと休みやないか・・・・・でもね)

奥さんは毎年、オイラに合わせて夏休みを取るんだけど、
今年はこんな状況なので、予定を入れてませんでした。
パートだから、あまり休むと怒られるし・・・・・・

そんな状況なんで、奥さんが仕事から帰ってきたら、夕方から
普段行きたかった所へ出かけるつもりです。

そんなことで、ちょっと記事はどうなるか??


早速、昨日は奥さんが10時で仕事を早退して、墓参りに行ってきました。
レンタカーを借りて、2人でした。
親父の墓なんですが、必ず母親(ばあちゃん)が彼岸やお盆に「いつ、いくんや」
と催促があり、この20年間欠かさず行ってました。

でも今年は、ばあちゃんの頭から墓の事は消えたみたいで、仏壇みても
全く何も言いません。

思い出されても、連れていけないので、こちらも何も言いません。
でも、この墓参りもいつまで行けるやらと、考える日になりました。


しんみりした話はここまで!

レンタカーを直ぐ返して、いざ京都へ
昨日は五山の送り火でした。

帰りが遅くなるけど、こんな日でないといけません。

先日行った、錦市場へ奥さんを連れて行きました。
時間が遅かったし、お盆休みの店もあって、開いてるお店が
少なかったんですが、雰囲気だけども味わってもらいました。

中ほどにある「もちつき屋」ってお店で、お餅を食べました。
海苔、シソ、明太子、ピーナッツバターと楽しめました。
と喜んでいる途中、はっと気が付きました

「今お餅食べて、晩御飯どうするの?、お腹一杯やん」
「一杯飲みながら京料理なんて考えてたのに」

どうも、食い意地が張ってる二人は失敗が多いです。
でも、間違いなく美味しかったですよ。
餅

店を出ると、店のシャッターが次々閉まりかけてます。
お~、京野菜を買わなければ!
一生懸命歩いて、賀茂ナスと万願寺とうがらしをゲット
野菜


野菜を買って満足、オイラ達も変わりました。ハハハ

この後、腹ごなしを兼ねて木屋町から先斗町を散策しました。
夜の京都を歩くのが初めてだったんですが、いい雰囲気ですね

そんなこんなで、送り火を見に行こうと嵐山へ移動しました。
阪急電車を乗り換え、嵐山です。
なんかいい感じ!
駅

5分程歩いて、桂川から観た鳥居形の送り火
(ほんと腕が悪くてすみません)

人でいっぱいです。
渡月橋も通行止めにして、沢山の方が楽しんでます。
浴衣を着た女の子が沢山、ニタ~~
送り火

渡月橋の下では、灯篭流しが行われてました。
灯篭流し

お精霊さまにこの灯篭に乗っていただき、浄土へお送りするのだそうですが
罰当たりな事を言ってる、メタボ夫婦は途中で沈んでしまうのか???
灯篭

京都を楽しんで、久しぶりに遅く帰った一日でした。

こんなオイラに、ポチッっと応援して戴いたら
更に妄想を膨らまして、喜びます。

テーマ : 美味しかった♪ ジャンル : グルメ

10:29  |  ┣京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑

2010.08.15 (Sun)

郷土料理No10・チキン南蛮

妄想は料理に留まらず、生活にも及びます。

ブログやってて良かったな (=^_^=)
してなかったら、料理もやってなかっただろうし
濡れ落ち葉になって、離婚問題にもなってたかなぁ・・・・なんて(笑)


話が逸れたので、郷土料理の旅に戻りましょう。

指宿から向こう岸に見合える桜島を見ながら、鹿児島中央駅に戻ります。
そして、日豊本線10時42分発の特急霧島6号に乗って、いざ宮崎へ

あの東国原知事が頑張ってるところだよ
車窓からぼーっと眺めて、えびの高原を抜けると都城市
宮崎市はスグだ・・・到着12時53分だでよ。

さあ、今日の郷土料理は宮崎県のチキン南蛮

特徴はタルタルソースのチキン南蛮で、昭和30年に宮崎の洋食屋「ロンドン」
て言う店で出されていた料理が基本になっているらしい。
その7年後に店舗拡大を行い、成功したことによって全国に広まったようです。

さあ、メタボ夫婦もチキン南蛮を作ります。
材料買い出しで、タルタルソースはどうしよう
手作りが基本なんだけど、失敗した時のことを考えて
スーパーで予備として買いました。

でも、それは間違いでした。
茹で卵、胡瓜&玉葱のみじん切り、マヨネーズ、牛乳、ケチャップ
塩コショウを加え、混ぜ混ぜして出来上がり。

ちょっと舐めてみると、ウメ~~

タレもレシピ見ながら作りました。
鶏肉を一口大に切り、小麦粉と卵を絡めて揚げます。
そして、熱々のタレに1分間ほど漬けて出来上がり。

お皿に盛ったのがコレ
チキン南蛮
お~~~、旨そうだ!
ビールが旨いぞ!って言ってテーブルに座ると

奥さん「ビール買い忘れたんちゃう、今日はご飯にしよ」
オイラ「え~~~~~、そらあかん、何がなんでも買ってくる」

慌てて、コンビニに行って帰ってくると

奥さん「ちょっと摘み食いしたんやけど、バリ美味しい」
オイラ「バリおいしいやて!、バリやてなんて可笑しいんちゃう?」
若い子が使う言葉が、奥さんの口からでました。
これは楽しみです。



ビールも、いつもより贅沢してロング缶です(どこが贅沢?)
カンパ~イ!

早速、食べてみると
「こりゃ、うめ~もんじゃて、ひったまげたわ」おうとうかな
奥さんも美味しい、美味しいの連発です。

タルタルソース、これから買うことないねって


今日のメニュー
1.チキン南蛮
2.ゴーヤのおかか和え

ビールはロング缶・・・ギャハハ
食卓


こんなオイラに、ポチッっと応援して戴いたら
更に妄想を膨らまして、喜びます。

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

18:44  |  ┣郷土料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)  |  編集  |  Top↑

2010.08.14 (Sat)

郷土料理No9・鶏飯(けいはん)

郷土料理、妄想の旅
1日ズレましたので、鹿児島に滞在した事にしました。

今日は、朝から観光に行きましょう。
鹿児島中央駅から、指宿枕崎線に乗って指宿の砂風呂はいかが
8時40分発の普通電車にのって、ゆっくり1時間ちょい
9時55分に指宿駅到着です。

車に乗って、砂風呂温泉に到着
砂風呂は、砂浜がそのまま浴場になった温泉で、
自分の体程の穴を掘って、仰向けに寝た状態で頭を残して埋めて貰う
お風呂です。

女性には人気のスポットのようです。
我が奥さんも、気持ちいいって言ってます。
砂の重みによる指圧効果と入浴が同時に出来るって

でも、オイラは苦手、逃げて帰りたい
暑い、動けないお風呂はちょっちねぇ~
早々に、温泉を出てお昼ご飯にしましょう!

今日の郷土料理料理は鹿児島県の鶏飯
この鶏飯は、奄美大島の郷土料理で薩摩の役人をもてなす「殿様料理」
って話が有力みたいですが、沖縄の宮廷料理だったって話もあるし、
シンガポール料理では同じ漢字でチーファンと読むらしい。良く似てる
どっちにしても、昔は高級な料理だったみたい。

今では、ポピュラーになり鹿児島で非常に人気のある料理になってるようです。

さて、作り方です。
1.鶏肉を酒&醤油に漬け、レンジでチンです。
   またまた、長すぎて失敗しかけました。どうもレンジ下手
2.椎茸(干しシイタケが正道)を砂糖、醤油で煮る
3.錦糸卵をつくる
4.刻みねぎを準備する
5.出汁は、鶏ガラスープの素に、醤油、酒で味付け
それをご飯の上に乗せ、熱々の出汁5をたっぷり掛ける

ちょっと、カッコ付け過ぎだわ
あ、刻み海苔忘れた(いつも何か忘れてる)
でも、一応出来上がり
鶏飯
食べた感じは、忠七飯と違い庶民的な茶漬けって感じがする。
これも美味しい!
元々は、コメが良くなかったのをカバーするために出来た料理
今回は、古代米の赤飯を使ってるので更に旨かった。


奥さんはと言うと、素麺を作ってました。
それに、鶏飯の具をのせた鶏素麺+かき揚げのおまけ付き
鶏素麺
これも旨そう!
でも、食べれなかったので評価できず。
奥さん曰く、「美味しかった~」

こんなオイラに、ポチッっと応援して戴いたら
更に妄想を膨らまして、喜びます。


テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

17:10  |  ┣郷土料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT