fc2ブログ
>
2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.05.09 (Sun)

母の日

昨日5月8日は33回目の結婚記念日
今日5月9日は母の日のイベントでした。

この2日は両極端
結婚記念日は過去最悪の記念日
介護限界と思えた日でもありました。

それが一転して、9日の今日は穏やかな日
いったいどうなってるのか、さっぱり理解できません。
8日については後半に書いてます。

写真は大学通りを3人で散歩した時の今朝の様子です。
ツツジが綺麗に咲いていました。
花

その海側の芝桜
芝桜

状況をブログで見ている息子達家族が、心配しながら
母の日のプレゼントを持って、遊びに来てくれました。

ばあちゃんは、今日は朝から大人しく静かで
ひ孫達に目を細めて喜んでいました。

我が奥さんには、息子両夫婦からプレゼント
毎年、奥さんが喜ぶ日です。
「ありがとう」
プレゼント

いろいろと息子夫婦達にも気を使わせています。
今日もみんなで食事をすれば良かったんですが
ばあちゃんの状態と、ばあちゃんのトイレの問題で
夕方にはお開きとなりました。


そして今日の晩御飯
豚肉に人参、アスパラを巻いて焼いた物
豚肉料理

今日のメニュー
1.アスパラと人参の豚バラ巻き
2.冷奴
3.ひじきの煮物
4.キムチ
食卓

後半はばあちゃんの状況です。

4回目の退院後、精神状況がまた変わりました。
足が「痛い、痺れる、助けて」を連発します。
ところが足の様子を見ても、熱を持ってる様子も無く
血色が悪いこともないんです。

ヘルパーさんや、リハビリの先生がみても特に悪いとは思えない
状態だと言います。
それに食べてる時や、唯一の楽しみの車椅子に乗っての散歩
の時は全く言いません。普通なんです。

ところが、家に帰るとまた始まります。
ちょっと横になって、足を上げると足の血が戻って
むくみも取れて楽になると言ってくれるのですが、横になりません。

説得してベッドに横にならしても、5分程で起きてしまいます。
そして「痛い、助けて」

何回もベッドに連れて行きますが、直ぐ起き上がるし
その理由を言いません。

そしてフラフラしながら部屋を歩くのです。
足が痛いはずやのに、なんで歩いてる?
しかも今までと同じ様に歩いている。なぜ?
朝も昼も夜も・・・・・

だんだん腹が立ってきて、叱りつけます。
怒鳴りました。それでも代わりません。

もう、顔を見るのもいやになり、別の部屋にはいったら
大声で呼び、そしてヨロヨロと歩いてくるのです。

どうも不安が先にたち、四六時中、傍で対応してほしいようなんです。
そんなこと、出来るわけがない
こっちの気が狂ってしまう。


1日中怒鳴りつけました。
家人が大声で怒鳴り、老人が「助けて」
近所の人は、外から聞いていると老人虐待と思えるかも
しれない状況でした。

退院後、まだ日が経っていないのに
もう少しずつ足がむくんでいます。
なにせ殆ど座ってる状態ですから、健康な人でも
エコノミー症候群になってしまいます。

夜も殆ど寝ていません。

仕方なしに、精神安定剤を飲ませました。
そうこうして、33回目の結婚記念日は終わったんです。

ところが、今朝から殆ど「痛い」を言わないのです。
以前は1日2回、毎日飲んでた薬がそんなに効く?

何が何だかさっぱり分からず、足は少しずつ悪くなっている
そんな状況です。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

19:33  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |